ホーム >プロフィール

獨協医科大学越谷病院 泌尿器科主任教授
岡田 弘 (HIROSHI OKADA)

男性不妊を専門とする泌尿器科医の第一人者。
30年にわたり、最前線にて日本で最も多い男性不妊患者の臨床にあたる。
特に無精子症に対する最先端治療であるMD-TESE(顕微鏡下精巣内精子採取術)においては、日本で最も症例数が多い。
また、「射精障害」など現代に特有の男性不妊症のパイオニアでもある
座右の銘は「人間万事塞翁が馬」。

経歴

1980年 神戸大学医学部医学科卒業
1985年 神戸大学大学院医学研究科博士課程修了
1985年 神戸大学医学部附属病院助手(泌尿器科)
この間Department of Urology, Department of Microbiology and Immunology, New York Medical College(1985年~ 1987年)
1989年 三木市立三木市民病院 泌尿器科主任医長
1992年 神戸大学医学部附属病院講師(泌尿器科)
2002年 神戸大学医学部助教授(泌尿器科)
2003年 帝京大学医学部泌尿器科助教授
2007年 獨協医科大学越谷病院泌尿器科主任教授

主な研究領域

男性不妊、尿路性器癌、尿路感染症、排尿機能
男を維持する「精子力」
男を維持する「精子力」

男性ホルモンから性の悩み、不妊治療まで、男性のための新バイブル!

書籍の詳細へ amazon.co.jpで買う

詳細を見るProfile プロフィール

獨協医科大学越谷病院泌尿器科主任教授 岡田 弘
男性不妊を専門とする泌尿器科医の第一人者。30年にわたり最前線で男性不妊患者の治療にあたり、日本で最も多くの MD-TESE手術を手がける。

獨協医科大学越谷病院 獨協医科大学越谷病院リプロダクションセンター 獨協医科大学越谷病院遺伝カウンセリングセンター 獨協医科大学越谷病院泌尿器科 男性不妊外来リスト
PAGETOP