臨床泌尿器科12月号「リプロダクションの現在 いま精子力を考える」

2019.10.29 | お知らせ

臨床泌尿器科12月号において、特集「「リプロダクションの現在 いま精子力を考える」を岡田弘先生が企画にあたられましたので、目次をご紹介します。

臨床泌尿器科2019年12月号( Vol.73 No.13)
特集:リプロダクションの現在 いま精子力を考える
・企画にあたって
〈総論〉
・ARTに関する基礎知識
・ARTの歴史・世界と日本
・本邦のARTの成績

〈精子力とは何か〉
・精子力とその測定法
・家庭での精子力測定(コラム)
・加齢と精子力

〈精子力改善プロジェクト〉
・精索静脈瘤・MetS・薬物が造精機能の及ぼす影響
・感染症・生活習慣・食生活が造精機能に及ぼす影響
・水素分子処置によるヒト精子の運動性改善効果
・精子力改善に有効なミグリス
・新精液輸送容器トランスポーターSによる精子力低下軽減の試み(コラム)

JJCU_201912

事務局

「赤ちゃんが欲しい」に取材記事が掲載されました

2019.10.07 | マスコミ紹介

主婦の友社の「あかほし」の公式サイトに以下の2つの取材記事が掲載されました。

1つは、「【男性不妊】精子トラブル、ED(勃起障害)でも妊娠できる?専門医が答えます」というタイトルで、不妊の原因は男女半々にあることから、男性不妊の原因や検査、治療方法、さらには、セルフケアで精子の質を改善し、妊娠する力を高める方法まで、10の質問に回答する形でわかりやすく説明しています。

・【男性不妊】精子トラブル、ED(勃起障害)でも妊娠できる?専門医が答えます。

もう1つは、「妊活カップルに急増「タイミングED」とは? 妊娠できる?」というタイトルで、赤ちゃんを望むから排卵日にタイミングをはかっているのに、それがストレスやプレッシャーになって、逆に妊娠を遠ざけることになりかねない、タイミング法が原因で起こる「タイミングED」について、詳しく解説しています。

・妊活カップルに急増「タイミングED」とは? 妊娠できる?

ご参考にしていただければと思います。

事務局

生殖医学会市民公開講座

第64回日本生殖医学会学術講演会・総会の翌日 2019年11月9日(土曜日)に市民公開講座を開催します。
テーマは、「ひとりひとりの希望が叶う社会であるために」です。
場所と時間は、神戸商工会議所 神商ホールで、13時30分から15時30分です。
開催に当たっては、リプロダクションクリニック 大阪・東京のCEOである石川智基先生に多大なるご協力を頂いております。
司会は 吉村 泰典先生と私(岡田)で進行いたします。
講演内容は、下記の通りです。
1)基調講演少子化をめぐる現状
吉村 泰典 (内閣官房参与・慶應義塾大学名誉教授)
2)特別講演1 人が集まる,魅力あるまちとは
 泉  房穂 (明石市長)
3)特別講演2 男性が不妊治療に参画する意義
 石川 智基 (リプロダクションクリニックCEO)
4)特別講演3 がん患者の妊孕性温存と政策への提言
 瀧内 剛  (大阪大学医学部附属病院生殖医療センター副センター長)
是非、ご参加ください。
参加費は、無料です。

public-seminar01

http://www.congre.co.jp/jsrm64/public-seminar.html

ハーバード大学 Jorge Chavarro先生初来日記念講演会を開催します

2019.09.28 | お知らせ

このたび、ハーバード公衆衛生大学院准教授 Jorge Chavarro先生の初来日を記念し、講演会を下記の通り、開催することと致しました。

Jorge Chavarro先生は、Nurses’ Health Study3の研究代表者として、食(栄養)と生殖機能の関連研究においては世界的に著名な先生です。今秋の第64回日本生殖医学会への招聘を機会に、初来日記念講演会を企画しました。

不妊患者さんは、食やサプリメント、ライフスタイルと治療成績の関連について高い関心を抱いていますが、現時点では信頼に値するガイドラインは存在しません。そこで、患者様の「なにかやっておきたい」に、エビデンスベースで対応し、患者様や顧客への「納得感の高い」の対応にお役立てていただけるよう、それぞれの領域の第一人者の先生方に最新のエビデンスについてのご講演をお願いしました。

皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

◎参加お申し込みはこちらから

memoliallecture

事務局

第64回日本生殖医学会学術講演会・総会

2019.09.28 | お知らせ

第64回日本生殖医学会学術講演会・総会を獨協医科大学埼玉医療センターが担当させていただくことになりました。

今回のメインテーマは「世界に発信する個別化生殖医療」。

このテーマにふさわしい、プログラムとして基調講演1題、特別講演1題、教育講演4題そしてシンポジウム8題、共催シンポジウム1題を組み、また、海外から6名の著名な先生方をお招きし、ご講演いただきます。また、一般演題については581演題の応募をいただき、35テーマ、一般演題50セッション254題、ポスター展示327題としてご発表頂きます。企業展示につきましても、特徴の有る60社の企業から過去最高の83小間のお申込みをいただき、生殖医療関連の機器・サービスを展示会場でご覧いただけます。

多くの皆様のご参加を心より、お待ち申し上げております。

bnr_jsrm64

事務局


【取材記事】男性の「精子力」を高める栄養素とは?

日本経済新聞社の健康・医療に関するサイト、日経Goody(グッディー)に取材記事が掲載されました。タイトルは、「男性の「精子力」を高める栄養素とは?」で、精子力を高めるために取り組めるセルフケア全般について解説されています。

亜鉛やCoQ10をはじめとする抗酸化サプリメント、精子をつくる働きに大きな影響を及ぼす精巣温度管理のための陰嚢・精巣専用冷却シート、最後に最近注目されている精子DNA断片化検査も紹介されています。

是非、参考にしてください!

日経Goody(グッディー)トピックス:男性の「精子力」を高める栄養素とは?

logo

事務局

対談記事「男性不妊は珍しいことじゃない。専門医とSeem殖医療のいま」が掲載されました

クレディセゾンの「chienowa」に、精子セルフチェックキット「Seem(シーム)」の開発者・入澤諒さんとも対談記事「男性不妊は珍しいことじゃない。専門医とSeem開発者が語る生殖医療のいま」が掲載されました。

以下、記事のリードから。
——————
子どもを望みながらも授からない、「不妊」に悩むカップルは少なくありません。本来、不妊の原因は男女双方に可能性があり、ともに検査や治療を受けることが望ましいとされています。しかしいまだ世間では、「不妊の検査や治療は女性が受けるもの」というイメージが強く、「男性不妊」の可能性については見過ごされがちです。

そもそも、そうした偏った認識が浸透しているのは何故なのでしょうか。また、男女がともに不妊への理解を深め、協力して治療に取り組むためには、どのような姿勢やアプローチが必要なのでしょうか?

30年以上にわたり男性不妊治療を研究してきた岡田弘医師と、2016年に『グッドデザイン賞』特別賞「未来づくり」を、2017年には『カンヌライオンズ』でモバイル部門のグランプリを受賞した精子セルフチェックキット「Seem(シーム)」の開発者・入澤諒さんに、お話を伺いました。
——————

対談記事「男性不妊は珍しいことじゃない。専門医とSeem開発者が語る生殖医療のいま」

事務局

【再放送】11/11 BS1スペシャル「精子力クライシス」

2018.11.05 | お知らせ

10月25日に放映された、NHK BS1スペシャル、「精子力クライシス」ですが、好評だったため、以下の日時にて再放送が決定しました。

11月11日(日):午前7:00~7:50
 BS1スペシャル「“精子力”クライシス」

見逃された方は、是非、ご覧ください。

事務局

【放映予告】10/25 BS1スペシャル「精子力クライシス」

2018.10.20 | お知らせ

10月25日(木)の21:00から、NHK BS1スペシャルにて、「精子力クライシス」が放映されます。

以下、番組ホームページより。

男性の精子に危機が!?「精子の数が少ない」「動きがよくない」など、卵子と受精して、妊娠を成功させる力が衰えているという。今回は精子の危機をあらゆる角度から徹底取材。すると、現代人特有の生活習慣が原因の一つであることが明らかに。さらに、精子の危機が不妊治療さえ脅かしかねないことや精子バンクの各国事情、精子が健康のバロメーターであることなど、驚きの事実も紹介。もちろん、精子の状態を改善する秘策も解説。

番組ホームページ

是非、ご覧ください!

事務局

読売新聞・夕刊(10/6)に取材記事が掲載されました

読売新聞夕刊「男性不妊 精子の状態検査」として、岡田先生と岩端先生への取材記事が掲載されました。

◎体外受精の成功率の向上のために
・卵子だけでなく、精子を改善することが必要。
・精子の中身を見るには、DNA断片化率(DFI)検査や酸化還元電位(ORP)検査がある。
・精索静脈瘤の有無を診断し、あれば手術で精子の質の改善が可能。
・精索静脈瘤がないか、あっても小さい場合はコエンザイムQ10やビタミンの服用、生活習慣を改善する。

Yomiuri_20181006_e
(記事をクリニックすると別ウィンドウで拡大表示されます)。

事務局

次のページ

カレンダー

< 前月2019年11月                

 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最新のコメント

PAGETOP