朝日新聞に取材記事が掲載されました

■朝日新聞・朝刊

朝日新聞10月28日(金)の朝刊の総合面に取材記事が掲載されました。

このブログでも取り上げました、Human Reproductionに掲載されたベルギーのグループによる「顕微授精で生まれた男性の精子の濃度や運動している精子の数が自然妊娠で生まれた男性の精子より低かった」という研究報告についての記事です。

この研究結果から、「顕微授精で生まれた男性は、子をもつのに、父親と同様、不妊治療が必要になるのかは評価できない」こと、また、父親の精子の異常と子の異常の程度は必ずしも一致しなかったことから、「不妊の要因が遺伝するかは、より詳細な遺伝子分析が必要」とのコメントが紹介されています。


asahishinbun_20161028

*事務局

朝日新聞に取材記事が掲載されました

■朝日新聞・10月21日朝刊「がんと暮らし」

朝日新聞の10月21日の朝刊のシリーズ「がんと暮らし」欄に取材記事が掲載されました。

以下、リードから
————————–
がんにかかり、抗がん剤や放射線を使う治療が始まると、子どもをつくる機能に影響が出ることがある。「将来、子どもが欲しい」と願う患者の希望に沿い、生殖機能を保つために、がんの診療科と産婦人科などとの連携が進みつつある。事前に十分な情報を得て、患者自身や家族がよく考えて納得してから治療を始めることが大切だ。
————————–

asahi_20161021

*事務局

Yahoo!ニュース「深層クローズアップ」に掲載されました

■Yahoo!ニュース「深層クローズアップ」

Yahoo!ニュースの特集記事「深層クローズアップ」に取材記事、「精子力」は年齢とともに衰える――治療法、費用…「男性不妊」の現実が掲載されました。

以下、特集記事のリードから
日本では今、6組に1組の夫婦が不妊に悩んでいるという。なぜ、赤ちゃんができないのか――。原因は男性にもある。そして、専門医を訪ねる男性も少しずつ増えている。治療法はあるのか、費用はどの程度か。治療の先には吉報が待っているのか。男性不妊症をめぐる現場から報告する。(Yahoo!ニュース編集部)

深層クローズアップ・「精子力」は年齢とともに衰える――治療法、費用…「男性不妊」の現実

事務局

AERAに取材記事が掲載されました

■AERA・7月11日号/総力特集がん最前線

AERAの7月11日号の特集記事「いま知りたいがん新常識」の中で、取材記事「がんでも出産の希望を失わない」が掲載されました。

AERA_H28.711

※記事の画像をクリックすると別ウィンドウで拡大表示されます。

*事務局

埼玉新聞に取材記事が連載されました

■2016年6月8日、15日、22日・埼玉新聞/医療サイエンス「男性の不妊治療」

埼玉新聞の毎週水曜日掲載の医療サイエンス欄に6月8日から取材記事「男性の不妊治療」が3回シリーズで連載されました。

saitama_shinbun1606
※記事の画像をクリニックすると別ウィンドウで拡大表示されます。

*事務局

「スマホを使った精液チェック」が読売新聞で紹介されました

■2016年5月3日 読売新聞朝刊

獨協医科大学越谷病院と米国イリノイ大学の共同チームが「スマホを使い精子の数を時敏で確認できる器具」を開発したことを、本日の読売新聞の朝刊で紹介されました。少量の精液をスマートフォンで撮影し、精子の数を自分で確認できるというものです。自宅で気軽に使え、基準の数と比べることができることから男性不妊の早期発見を目的に開発されたものです。5月10日の米国泌尿器科学会で発表される予定です。

yomiuri_20160503

*事務局 

女性誌「anan」に取材記事が掲載されました

■anan 2016.2.10 No.1990「脱・セックスレス読本」

「anan」の2016/2/10号の特集記事「脱・セックスレス読本」で取材記事が掲載されました。

以下、記事のリードから
——————
セックスレスのかたちは千差万別で、一概には結論の出せないデリケートな問題。ここでは、代表的な4つのケースに専門家が助言。悩みをなくすヒントにして。
——————

anan

*事務局

今晩の「ワールドビジネスサテライト」の特集で紹介される予定です

■テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」(23:00〜23:58)

今晩のテレビ東京の「ワールドビジネスサテライト」の特集は「年々増加する不妊症の最新治療」です。そこで獨協医科大学越谷病院のリプロダクションセンターが取材され、紹介される予定です。本日(12月18日金曜日)、午後11時からです。よろしければご覧ください。

テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」

事務局

新「名医」の最新治療2016で紹介されました

2015.11.14 | マスコミ紹介

■新「名医」の最新治療2016(朝日新聞出版)

45の病気について、その最新治療を熟知する「名医」が解説する週刊朝日MOOK、新「名医」の最新治療2016の「がん患者の妊娠」にて紹介されました。

以下、記事のリードから
———————
医療の進歩で、がんを克服する患者は増えている。しかし卵巣や精巣は抗がん剤や放射線治療の悪影響を受けやすく、がん治療と引き換えに若年患者の、子どもを授かる力(妊孕性)が失わることもある。妊孕性を温存するため、卵子や精子の凍結保存という治療法がある。
———————

名医の最新治療2016

・事務局

日経新聞に取材記事が掲載されました

■2015年9月20日・日経新聞朝刊

本日の日本経済新聞朝刊の日曜に考えるヘルスに「不妊治療の今」の後編として、男性不妊についての取材記事が掲載されました。

nikkei_20150920

*事務局

次のページ
PAGETOP