女性の涙と男心

ブログの読者の方から、こんな質問がありました。
『testosterone(男性ホルモン)とフェロモン(pheromone)の関係について教えてください- 男性ホルモンが上がると女性にもてるフェロモンが増えてモテモテになるのでしょうか?』

これは、困った質問です。というのはフェロモンの研究は主に昆虫や実験室の小動物を中心に行なわれています。ヒトにモテホルモンと巷で噂になっているフェロモンが存在するのかは、現在少しずつ研究が進んでいる段階ではっきりしたことは、解明されていないのが現状だからです。

そこで、PubMedという医学系のデーターベースにアクセスしてみました。キーワードはtestosteroneとpheromoneです。するとヒトの涙には化学シグナル物質があると言う論文が1番にヒットしてきました。
雑誌は、かの有名なサイエンスです。

Gelstein S, Yeshurum Y, Rozenkrantz L, Frumin I, Roth Y, Sobel N. Human tears contains a chemosignal. Science 331, 226-230, 2011

この論文について解説しましょう。

涙には2種類があります。眼の表面の乾燥を防ぐ目的で分泌されている液体と悲しいときに出てくる液体です。後者の液体が出てくるのは、ほ乳類ではヒトのみに知られています。

Gelsteinらは、悲しい映画を見て女性が流した涙を集めてきて、これが男性の情動に与える作用を研究しました。涙を流している女性を見ることからうける視覚(目からの)による影響ではなく、涙を嗅ぐことによる影響を検討したのです。

どうして、こんな研究をしたのでしょうか?

日本人とは違って(と言っても最近はこういった習慣を持った若者も増えていますが)西洋人は涙を流している女性を抱き寄せて、鼻と鼻がくっつくような距離で話しかけたりしますね。すると、鼻の近くに涙があるので、涙を嗅ぐことによる影響があるのではないかと考えたのです。(日本人にはない発想ですね)

まず、集めた悲しみの涙に独特のにおいがないか調べました。これには、鼻の下に、涙をしませた紙を貼った場合と生理食塩水をしませた紙を貼った場合で、においの違いを区別が出来るかを調べたのです。研究に協力した24人の男性はこの2つをかぎ分けることが出来なかったのです。つまり、悲しみの涙には特別なにおいは無いという事です。(画像をクリックして拡大・Fig.1)
FIg.-1-2013.10.29
FIg. 1 2013.10.29

次に、涙を嗅いだ後と生理食塩水を嗅いだ後で、同じ女性の顔(画像をクリックして拡大・Fig.2)を見て性的魅力をどの程度感じたかを調べました。
Fig.-2-2013.10.29
Fig.2 2013.10.29

すると、涙を嗅いだ場合は生理食塩水に比較して性的魅力を感じにくくなっていました。(画像をクリックして拡大・Fig.3)
Fig.3-2013.10.29
Fig.3 2013.10.29

この原因はどこにあるのでしょうか?

著者たちは、唾液中のテストステロン(生理活性を持ったテストステロン)濃度に対する涙の影響を調べました。すると、涙を嗅ぐとテストステロンが低下する事が判ったのです。(画像をクリックして拡大・Fig.4)
Fig.4-2013.10.29

Fig.4 2013.10.29

さらに、もっと研究は続きます。脳の機能を調べるfunctional MRIと言う特殊な検査で性的魅力を感じたときに活動性が高まる脳の部分を観察しました。すると、涙を嗅ぐと生理食塩水を嗅いだときに比べて活動性が低くなることが判りました。

女性の涙は、男性のテストステロンを低下させ・脳の性的な活動命令を出しにくくする作用があるのです。涙の成分のうちの何がこのような作用があるのかが判れば、反対に性的な魅力を相手に与える物質、すなわちフェロモンを突き止めることに繋がるかも知れません。

不妊に悩むカップルの場合は、ご主人はパートナーに悲しみの涙を流させるようではいけませんね。にこにこパートナーと子作りに励んでください。

イベントのお知らせ(11/3)

■イベントのお知らせ(11/3)

事務局よりお知らせです。

Dr.岡田が世話人を務めるイベントの紹介です。

NPO法人Fine(ファイン)主催
『Fine祭り2013 ちゃんと知りたい!男女の不妊』

2013年11月3日(日・祝)品川・THE GRAND HALL

男女の不妊や治療について、専門医による講演と
男性不妊を体験した作家・ヒキタクニオさん、
ジャーナリスト・白河桃子さんらによるトークセッション、
不妊症看護認定看護師、エンブリオロジスト(胚培養士)への無料相談、
企業や団体などの展示・販売など。

詳細はFineウェブサイト
http://j-fine.jp/matsuri/2013/matsuri.html


NPO法人Fine(ファイン)〜現在・過去・未来の不妊体験者を支援する会〜
http://j-fine.jp/index.html


『Fine祭り2013 ちゃんと知りたい!男女の不妊』チラシ↓
http://j-fine.jp/matsuri/2013/matsuri13-c.pdf

PRESIDENT Online スペシャルに取材協力しました

2013.10.25 | マスコミ紹介

■PRESIDENT Online スペシャルに取材協力しました

出産ジャーナリスト、河合蘭さんの記事「35歳で始まる!「精子老化」の真実」に取材協力をさせていただきました。

*******
「卵子の老化」はようやく知られてきたので、そろそろ、もうひとつの大事なことを知ってほしい。それは「精子の老化」だ。

少し生殖の知識を持つ方は「そんなバカな。卵子と違って精子は毎日新しく作られているから老化はないのだ」と思うかもしれない。確かに、卵子は胎児期に一生分が作られてしまって卵巣に貯蔵されているから持ち主と一緒に年をとる。それに対し、精子は毎日精巣で新しいものが作られている。ただ、毎日作られる「新しい精子」も、作っている身体の老化と無縁ではいられない。(記事より)
*******

PRESIDENT Online スペシャル「35歳で始まる!「精子老化」の真実」

(事務局より)

朝日新聞に取材コメントが掲載されました

2013.10.24 | マスコミ紹介

■朝日新聞10月23日(水)朝刊

朝日新聞10月23日(水)の朝刊に、医療部中島久美子記者の記事「体外受精児30万 長期的な影響調査必要」にて、取材コメントが掲載されました。

体外ジ受精で生まれた子どもが30万人を超えたことを受けて、高度生殖補助医療は多くの不妊に悩む夫婦に恩恵をもたらした一方、その実施には課題が残っているとし、その一つとして、「精子に問題があっても治療すれば、自然妊娠を目指せるケースもあるのに、男性側の診察なしで、すぐに体外受精に進む施設も珍しくない」とのコメントが掲載されています。

asahi_20131025

(事務局)

雑誌『CREA』に取材協力しました

■雑誌『CREA』に取材協力しました

女性月刊誌『CREA(クレア)』、2013年11月号
「母になる 学校開校!」の記事に、取材協力しています。
「いつか産みたい、産んですぐの、働く女性必読」の記事とのこと。
http://www.amazon.co.jp/CREA-クレア-2013年-11月号-雑誌/dp/B00FBKFA5Y/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1382581600&sr=1-1&keywords=クレア

CREA_2013年11月号_表紙

 

CREA_2013年11月号_01
 

 

 

 

CREA_2013年11月号_02
 

 

 

 

 

ドクター・岡田の著書、
男性不妊の現在を徹底紹介、『男を維持する「精子力」』好評発売中。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/489308805X/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=489308805X&linkCode=as2&tag=htadahiro-22

 

「朝日新聞」にコメントが掲載されました

■「朝日新聞」2013年10月20日(日)

生活面「患者を生きる」にコメントが掲載されました。

 

2323「腎と泌尿器」男性不妊(5)情報編 遅れがち男性の受診

 以下で記事を読むことができます。 

http://www.asahi.com/shimen/articles/TKY201310190556.html?ref=reca

朝日新聞_2013:10:20

 

 

 

 

 

 

 

 

「朝日新聞」にコメントが掲載されました

■「朝日新聞」2013年10月16日(水)、17日(木)

生活面「患者を生きる」にコメントが掲載されました。
2319「腎と泌尿器」男性不妊(1)原因 自分かもしれない
2320「腎と泌尿器」男性不妊(2)最適な手術 妻と相談

以下で記事を読むことができます。
「腎と泌尿器」男性不妊(1)
「腎と泌尿器」男性不妊(2) 

朝日新聞_20131017

朝日新聞_2013:10:16朝日新聞_2013:10:17

 

 

日本人のセックス回数のインターネット調査

EHS(勃起の固さスケール:Erection Hardness Score)をご存じですか?

ED(Erectile Dysfunction:勃起障害)の診断に使うために、主にファイザー社が主体となって開発されました。

Grade 0: 陰茎は大きくならない

Grade 1: 陰茎は大きくなるが、堅くならない。

Grade 2: 陰茎は硬いが、挿入に十分なほどでない。

Grade 3: 陰茎は挿入には十分硬いが、完全に硬くはない。

Grade 4: 陰茎は完全に硬く、硬直している。

このように、陰茎の固さを性交可能かどうかと結びつけて評価しようとしたものです。これまでに用いられてきた、IIEFでは性交機会が無いと判断が出来なかったことを補う診断ツールになっています。また、とても簡単な質問ですので、スクリーニングには向いていると考えられています。

すなわち、大規模な調査をするには向いているということです。

このEHSを用いて、日本人に大規模なインターネット調査を行なった研究がSexual MedicineのOpen Access版に掲載されました。

この中には、多くの興味深い知見があります。

まず、年齢とEHSですが。これは容易に予測がつくように、加齢とともに固さが失われてゆきます。EHS2以下はセックスに障害がある程度のEDと考えられます。20代で8.7%、30代で12.3%、40代で18.2%、50代で35.1%、60代で54.9%、70歳以上で63%がEDであると推察できます。(画像をクリックして拡大・Fig. 1)

Fig.-1-2013.10.6

Fig. 1 2013.10.6

実際にセックス回数を尋ねてみると、もっと深刻なことが判ります。つまり、パートナーの存在がセックスには必要であるので(当然ですが)上記の回数よりも大幅にセックス回数は減少しています。そして驚くことに、年齢によってのセックス回数に差が無いのです。若者はどうしたのでしょう?(画像をクリックして拡大・Fig. 2)

Fig.-2-20123.10.6
Fig. 2 20123.10.6

生殖年齢の20歳代から40代でこの数字はかなりゆゆしき事態です。男性不妊外来にもたくさんの患者さんが埋もれている可能性があります。

さらに検討は続きます。マスターベーションの回数も年齢別に調査しています。マスターベーションの回数は、加齢とともに減少しています。しかし、70歳以上でも50%以上の男性は1回以上/月のマスターベーションをしている実態があります。(画像をクリックして拡大・Fig. 3)

Fig.-3-2013.10.6

Fig. 3 2013.10.6

セックスはしなくてもマスターベーションはしている日本の現状が浮き彫りになっています。さらに、年齢が進んで勃起はしなくても射精は出来るマスターベーションの実態を反映しているのでしょう。

この論文には、インターネット調査という顔の見えない手法の限界はあります。また、パートナーの有無、住環境、職業などの性交に影響を与える因子を考慮していないため踏み込んだ解析は出来ていませんが、現在の日本のセックス事情を切り取った重要な論文と言えます。

 

Yahoo雑誌ニュースに取材記事が紹介されました

2013.10.06 | マスコミ紹介

Yahoo雑誌ニュースに取材記事が紹介されました

週刊朝日10月11日号(10月2日発売)に掲載された取材記事がYahoo雑誌ニュースで紹介されました。

日本の国民病「膣内射精障害」患者 職業別ではIT関連が多い?
2013.10.03

* * *

小さい、早い、勃たない……。男の性の悩みは数多あるが、世界中で日本人にしかない症状があるという。「膣内射精障害」――。つまり、セックスの相手である女性の膣内で射精ができない、というものだ。一体、どういうことなのか。『男を維持する「精子力」』の著者があり、男性不妊のスペシャリストである岡田弘・獨協医科大学越谷病院教授に聞いた。(記事より)

* * *

(事務局より)

本日発売の「週刊朝日」に取材記事が掲載されました

2013.10.01 | マスコミ紹介

■「週刊朝日」10月11日号(10月1日発売)

本日発売号に取材記事「日本男児の国民病 40歳からのEDタイプ別対処法」が掲載されました。

***
殺人的な猛暑も去り、肌寒く感じられる季節のなってきた。いよいよ「性欲の秋」の到来である。だが、励もうというときに、下半身が思うように反応してくれない・・・。そんな、人には相談できないオトコの“悩み”の解消法を専門家にとことん聞いた。(記事より)
***

20131001_Asahi週刊朝日_2013_10:11号

(事務局)

PAGETOP