「スマホを使った精液チェック」が読売新聞で紹介されました

■2016年5月3日 読売新聞朝刊

獨協医科大学越谷病院と米国イリノイ大学の共同チームが「スマホを使い精子の数を時敏で確認できる器具」を開発したことを、本日の読売新聞の朝刊で紹介されました。少量の精液をスマートフォンで撮影し、精子の数を自分で確認できるというものです。自宅で気軽に使え、基準の数と比べることができることから男性不妊の早期発見を目的に開発されたものです。5月10日の米国泌尿器科学会で発表される予定です。

yomiuri_20160503

*事務局 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGETOP